審美歯科

慢性的な頭痛の原因に苦しめられている方は多いです。
その原因の一つに噛み合せの悪さがあるというのはご存知でしょうか?

噛み合わせの位置が変化する為に肩こり、頭痛が生じることがあります。
整形外科やペインクリニックで対処したけど治癒なさらない方などで
原因が噛み合わせにある場合があります。

■頭痛が発生する原因

噛み合わせの悪さから、体に歪みが発生し、顎や首、肩などの筋肉が緊張し血行不良が発生、
慢性的な頭痛肩こり、さらにそこから引き起こされるめまい、耳鳴りといった症状が現れます。

※主に筋緊張性頭痛が適応になります。
しかしながら、偏頭痛、群発性頭痛、精神不安による
ストレス由来頭痛などは筋肉の緊張が引き金になっていることがあります。


■頭痛以外のこわい症状

噛み合わせの悪さから片側で歯で噛む癖がつき、顔そのものに歪みが生じ、
顎が2重になったり、ほうれい線が深くなったりといった症状に発展します。

■治療法

正常咬合誘導法によるテンプレート誘導法が主となります。

具体的な内容は治療方法は噛み合わせの装置を用い従来の正しい位置に戻します。
また、ボトックスによる咬筋の緊張奈度も緩和します。
最終段階は経絡や顔貌、立位姿勢を参考にして咬合位置を確認してまいります。

長年の変化を短時間で治療する為に投薬、痛み止め等を要することもあります。

まずはお電話でお気軽にご相談ください。

岡本歯科クリニック
03-3703-8241