インプラント治療


インプラント最新治療法

GBR法(Guide Bone Regeneration)骨誘導再生療法
GBR法とは歯肉を切開し、専用の膜で覆った後、歯肉を戻します。数ヶ月で骨が再生されますので膜を取り除いてからインプラント治療を行います。個人差がありますが、約4〜6ヵ月で歯槽骨が再生されインプラントが安定します。

サイナスリフト法 上顎洞底挙上術
サイナスリフトとは上顎洞底挙上術の一つで、上顎の骨の再生手術の一つです。上顎の奥歯を失った場合、サイナスと呼ばれる上顎の骨の空洞(上顎洞)が拡大 してしまいます。それが原因で、インプラントを埋め込むのに充分な骨が無くなってしまうことがあります。そこで、骨が不足した部分の上顎洞粘膜(シュナイ ダー膜)を上顎洞から剥離して押し上げます。そして、出来たスペースにボーングラフト(自家骨(自身の腰の骨などを移植)や骨補填剤などで骨移植)をする ことで、不足した骨を補うことができます。

ソケットリフト法
サイナスリフト法同様に、上顎洞底挙上手術法の一つです。
インプラントを埋め込むための穴を開けた後、特殊な器具を用いて少しずつシュナイダー膜(上顎洞粘膜)と骨の一部を押し上げ、できた隙間に移植骨や骨補填材を挿入してからインプラントを埋め込みます。手術時間も短く、患者さんに対する負担も少ないので注目されています。

抜歯即時インプラント
抜歯してすぐにインプラントを埋入する方法です。
抜歯とインプラントが一度でできるので、ダメージや手術回数、通院回数、通院期間が少なくてすみます。審美的にも美しい歯冠が折れ、歯根も破折した場合などに適しています。

ALL ON 4(オール オン フォー)
4本のインプラントでバランスよく入れ歯を固定します。
詳しくはこちらをクリック>>

ベニア、オンレイグラフト法(ブロック骨移植)
歯槽骨の高さや幅が足りない場合、別の部位から取ってきた患者さん本人の骨を歯槽骨移植する方法です。本人の骨を使うので、拒否反応がなく、骨同士接合が 良好に行えますが、歯の治療のために自分の骨を移植することに抵抗のある場合は、人工の骨補填材を使用するケースもあります。

■痛くない治療、治療への恐怖感が強い方へは
 静脈鎮静法を取り入れて治療しますのでご安心下さい。
 静脈鎮静法の詳しい説明は こちらをクリック>>>