審美歯科

歯の色が気になる、少し欠けた前歯を治したい

>> ラミネートベニア

前歯の表面に、つけ爪のような薄いセラミックを張ります。 歯の色を白く変えるだけでなく、多少の形を変えることも出来ます。 このため、隙間をなくしたり、長さをそろえたり、歯並びを整えたりもできます。 セラミックは陶磁器と同じような陶材ですので、変色せず、ツヤも消えません。

差し歯が変色してしまった、虫歯が大きい

>> セラミッククラウン

もとになる歯が虫歯などで小さくなってしまっている場合、歯の形につくったセラミックの冠をすっぽりかぶせます。 金属で裏打ちしたものをメタルボンド、金属をいっさい使わないものをオールセラミックと言います。 オールセラミックは透明感もあり、太陽光のもとでも天然歯と見分けがつきにくい物が作り出せます。

詰め物の色が気になる

>> セラミックインレー(セラミック製の詰めもの)

口を大きく開けたときに、奥歯の金属の色が気になることがあります。 セラミックインレーを使うと歯と同じ色で、境目も分からないように白くできます。 金属を全く含まないので、アレルギーの心配もありません。